2018/02/15

埼玉サイクルエキスポでお得にお買い物をしよう

saitamaexpo2017_001
(2017年の埼玉サイクルエキスポの模様)

今週末(2018年2月17日(土)、18日(日))は、さいたまスーパーアリーナで、埼玉サイクルエキスポが開催!!

様々なメーカーやショップが出展し、自転車の試乗や、ステージでのトークショーやワークショップなどのイベント、そしてお得にお買い物ができることも魅力です。

saitamaexpo2017_002
(2017年埼玉サイクルエキスポの模様)

リンプロジェクトも旧商品や旧カラーなどの夏物を中心に、お買い得な商品をご用意いたします。

大雪に見舞われている地域もあるなか、春一番が発表された地域もあります。
今週末のサイクルエキスポで一足早く、春のサイクリングの準備ができてしまいますね。

試着室もご用意いたしますので、サイズに不安のある方もご安心ください。
また、クレジットカード(VISA、Master、Amex)もご利用いただけます!

皆様のお越しを心よりお待ちしております!!

【埼玉サイクルエキスポ 公式ページ】https://cycle-expo.jp/
【日時】2018年2月17日(土)、18日(日) 9時~17時(日曜は16時終了)
【場所】さいたまスーパーアリーナ
【アクセス】
JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線「さいたま新都心」駅下車 徒歩すぐ

2018/02/02

B.B.BASEに乗って南房総の里山をガイドしてもらおう!




JRさんが定期運行を始めた、B.B.Baseですが、皆様もうご利用になられましたか?

先日、南房総市観光協会の方と打ち合わせをしたときに、「B.B.BASE」の発着に合わせたガイド付きツアーを実施しているというお話を伺いました。



現地ガイドの先導で里山と海岸線を走り、百姓屋敷レストランで無農薬野菜を使った地産地消の創作料理を食べる、南房総の魅力を満喫する日帰りツアーです。

今年はB.B.BASEを利用したツーリングも検討しているのですが、その下見も兼ねてリンプロジェクトは3月3日に実施されるツアーに参加してみます。

皆様もご一緒に、最新のサイクルトレインを試してみませんか!?

詳しくは【リンプロジェクト ツーリングの会】の告知ページからご覧ください

↓↓↓

https://rinprotouring.blogspot.jp/2018/02/bbbase.html

最大60%OFFの大決算セール



本日より、リンプロジェクト直営ショップ(WEB・実店舗)にて、大決算セール始まりました!

冬物から春物まで、幅広く廃盤品をセール中!

東京では昨晩から雪が降ってはいますが、今すぐ使えるアイテムをゲットしたり、一足先に春を先取りしたりしてみませんか。

※セール品はすべて廃盤商品・廃盤カラーとなります。

セール対象品は↓↓↓をクリックしてご覧ください

2018/01/27

四国ツーリングDAY② 鳴門〜室戸岬編 その2

2017年11月12(日)〜16日(木)に社長と旅した四国ツーリングの記録をここに少しずつ書いていきたいと思う。

【DAY1】11月12(日)羽田空港→鳴門
【DAY2】11月13(月)鳴門→室戸岬 その1
【DAY2】11月13(月)鳴門→室戸岬 その2
【DAY3】11月14(火)室戸岬→高知
【DAY4】11月15(水)高知→宇和島
【DAY5】11月16(木)宇和島→松山空港

--------------------------------------------------------

【DAY2】11月13(月)鳴門→室戸岬 その2

あおり烏賊天丼をあおりまくり、心も体もお腹も満足したので、ぼくらは日が暮れないうちに
室戸岬を目指し55号を南下し始めた。

_RCK2167

_RCK2177
川にかかる橋が見事にカモメである

_RCK2197
高知県入りする社長。

室戸岬まではおおよそ45kmほど、ひたすら海沿いを走る。この日の気温は21℃。半袖でちょうどいい。アロハシャツを着て海、山、川を眺めながら橋っていると11月だというのに夏さながらである。

_RCK2212
海と社長とアロハシャツ

_RCK2232
山と川とアロハシャツ ※社長を探せ

途中、海沿いだけではつまらないので県道309号線へと入ると懐かしい街並みを見る事ができた。

_RCK2198

甲浦駅はぼくたちが降りた海部駅から続く阿佐東線の終点駅。
つまり、ここから電車というライフラインがなくなる事になる。
自転車が故障しない事を祈りつつ、東陽町を後にする。

_RCK2261

電車が通っていない=町も人も少ない
これは意外とツーリング初心者の方が陥りやすい罠である。この時にハンガーノックになってしまったり、水分が切れてしまった場合、コンビニエンスストアや自動販売機というどこにでもありそうで全く無い、絶望的な状況に陥る。陥る前に町で対策を打っておきたい。

ぼくたちは地図上ですでにそのことを把握していたはずだが
ここで事件が発生する。

社長がのどが渇いたというのである。

遠の昔に水分が尽きていたというのだ。
気温は21℃、海岸沿いには日影がなくそれなりに暑い。
とりあえず休憩をはさみペットボトルを分け合った。仲間が一緒という事はそれなりに安心である。

_RCK2280
旨い空気で吸うたばこは非常に旨い。

ここで、一人のお遍路さんに出会う。比較的若い女性であったが、僕たちが最初に訪問した一番札所霊山寺からやってきたという。今日は何日でしたっけ?という質問には大変驚いた。携帯電話は持っていないと言っていた(たしか)。しかしお遍路さんの歩くスピードは何気に速い。追い抜いてもこのように休憩しているとあっという間に追い抜かれてしまうのだ。
この先も食料の補給ができそうにないので、お遍路さんにとって55号線はなかなか大変な
道のりのような気がした。

ぼくたちは自販機を探しつつ、たまに上がっている狼煙を見つけては人がいるぞと大喜びし、自販機への期待に胸をときめかせるがそうは問屋が卸さない。そんなことを何度か繰り返しているうちに遠くに赤く輝く四角い箱を確認する事ができた。やはりここはニッポン。狼煙が上がっているところに、真っ赤なコカ・コーラの自販機が1台鎮座ましましておられた。

_RCK2286
いわゆるオアシスというやつ。

水分をきちんと補給し、この先にあったフェニックスが大量に並ぶ南国風なところで
アロハが良く映えそうだなと思い記念撮影をした。もはやここがどこだか良く分からない。

_RCK2304
日差しもきつく、陰のコントラストが濃いぃ。

ようやく日が傾き始めたころ、遠くの方に何やら尖がった岩が見えてきた。

_RCK2355

そのまま55号線を進むと夫婦岩という大きな岩柱が現れた。

FH000021
HOLGA135BCで撮った夫婦岩。長年連れ添った感が出た・・・?

夫婦岩は全国各地にあるが、室戸の夫婦岩は他と比べずいぶん大きいらしい。
長年に及ぶ風と波の浸食によりできた紋様がとても美しく、東側にあるので
朝日の撮影にはもってこいの場所である。
フォトジェニックな夫婦でありました。

本日は向かい風ではあったが、穏やかで登りも少なく16:30には室戸岬の宿付近まで来ることができた。

そして宿手前に突如綺麗な温泉施設が現れたのでまだ日没30分前なのでコーヒーでも飲んでくかぁという事になり、宿まであと1kmというところで休憩をすることにした。

_RCK2369
ウトコ オーベルジュ&スパという綺麗な温泉宿

_RCK2378
疲れた体に甘いアイスコーヒーが身に染みる。

さすがに11月の夕方にアロハ着て外で冷たいアイスコーヒーは身に染みすぎて、
段々冷えてきてしまった。

そこで足湯の登場である。
室戸海洋深層水足湯無料!!と書かれていた。
言葉に発して喋るとうまく言えない。

_RCK2398

意外と深く7分丈パンツの1分丈分くらい濡らしてしまったが、足の疲れがフワッと無くなったような気がした。まだまだ行くぜ!という気分になりつつ、しかしながらゴールまであと1kmだ。

岬のカーブを過ぎるとソテツとヤシに囲まれたレトロ風のシャレた館が目に飛び込んできた。まるで映画のワンシーンみたい・・・と、宿のパンフレットに書かれていたが、その通りハイカラで雰囲気満載の宿が今回お世話になった【岬観光ホテル】さんだ。

_RCK2404
自転車で行くとすぐに対応してくれた。

昭和8年頃に創業とのことであるが、いたるところに懐かしさがにじみ出ていて
レトロ好きなぼくはとても楽しむ事ができた。とくに部屋の鍵がもう悶絶並みのレトロ感。

_RCK2413
風呂後の一服は至福の時だ。

室戸岬にはコンビニやスーパーが近くになく、飲食店もあるのだろうが早く閉まって
しまう恐れがあったので、ここでは1泊2食付きで予約をした。もしも素泊まりにして
到着が遅くなり飯にありつけないという事になっては、せっかくのツーリングが台無しである。飯だけは何があっても確保しておきたい。

_RCK2417

_RCK2424
刺身の大きさと厚みが普通の1.5倍くらい。

宿の方々もとても親切で、宿のお仕事以外にも観光ガイドをされているとの事で、明日からの室戸岬〜高知についても、観光地をいろいろと教えてくれた。
ツーリングで室戸岬の宿に迷ったら是非、利用していただきたいと思う。

そして僕たちはいい歳なので21時には寝床に就く。明日の室戸岬〜高知が100%雨予報であるから体力もつけておきたいと思ったからだ。それから早く風邪(社則違反)を治したいのである。

こうしてアロハを着たゆるふわな二日目、四国ツーリングDAY②鳴門〜室戸岬編が無事終了した。

次回【DAY3】11月14(火)室戸岬→高知 編
また時間のある時に書きたいと思う。

photo/text rocky

2018/01/15

四国ツーリングDAY② 鳴門〜室戸岬編 その1

2017年11月12(日)〜16日(木)に社長と旅した四国ツーリングの記録をここに少しずつ書いていきたいと思う。

【DAY1】11月12(日)羽田空港→鳴門
【DAY2】11月13(月)鳴門→室戸岬
【DAY3】11月14(火)室戸岬→高知
【DAY4】11月15(水)高知→宇和島
【DAY5】11月16(木)宇和島→松山空港

--------------------------------------------------------

【DAY2】11月13(月)鳴門→室戸岬

社長そろそろ出発のお時間です。
この日はビジネスホテルという事もあり、別々の部屋に泊まり朝食を済ませ社長室へ
お迎えに上がった。

_RCK1952

_RCK1956
AM8:00 HOTEL FIRST SEASONを出発する。

この日は鳴門から室戸岬である。徳島駅から海部駅まで輪行し、山間部を電車でワープする、といった登りが好きではない我々の良く使う手段だ。とは言っても、都心部に比べ電車の本数は非常に少ない。徳島駅で予定の電車に乗らなければ大変なことになる。

時間的には9:51徳島駅発、11:19海部駅着の電車に乗らなければならない。
その電車を逃せば、次は海部駅へ13:39分着だ。
海部から室戸岬まで、おおよそ50km。昼飯も食べて17時までに宿に入りたい我々にとっては大変無茶な行程だ。これはもう、9:51徳島駅発に乗るしかないのである。

ちなみに17時までに宿に入りたい理由としては、この時期の日没が17:04であり、日没後はいくら明るいライトといえども街灯の少ない地方は暗いし、道が良くない。知らない道を走るぼくらにとっては安全とは言えないのだ。

弊社の社訓は「疲れない、怒らない、風邪ひかない」。すでに出発前から風邪をひいていたぼくは完全に社則違反であるが、そこは人間なのでしょうがない。
そして社訓にあるように疲れるツーリングは好きではない。常に余裕を持った旅を心掛けたいのである。

鳴門から徳島駅まではおおよそ14km。たいした距離ではないが輪行する時間や、パンクなどのハプニングを考慮すると1時間半ほどしか時間がない。途中で遊び過ぎては危険だ。

_RCK1993
遊んでしまうというのは、つまりこういう事だ。懐かしいブリキの看板にうっとり。
ジワジワ時間がせまる。

そして、ここで不測の事態が発生する。

明日から(DAY3室戸岬〜高知編)ほぼ一日中雨予報が一週間前から出ているにもかかわらず社長は雨具を持ってきていないというのである。しかしここはニッポン。朝早くから営業しているワークマンを現代便利ツール「スマホ」で検索し、立ち寄ることに。ここで購入しておかないと、恐らく室戸の方でカッパを購入するのは困難である。このような事は北海道ツーリングでも発生している。デジャヴかと思った。

無事カッパを購入し、ワークマンを後にする。
そしてワークマンの前の道は学生の通学路のようだ。
ここで驚いたのは、学生たちが男女問わず7割方クロスバイクに乗って通学していることだ。これは自転車大国松山市よりもスポーツバイク乗車率が多いように感じられた。学生たちは軽快にモリモリジテツーをしておられた。もしかして、みんな学校が遠いのかもしれない。


国道は通勤時間帯という事もあり車も多く、それを回避するため県道や裏道を走っていると加賀須野橋をたまたま通過することができた。この橋は船が通過する際、橋がエレベーターのように上がるらしい。実際に見てみたかったが、今のぼくらには時間があまり無い。

_RCK1986
加賀須野橋。船が通過中だったらある意味ヤバかった。

そして徳島駅手前の県道39号にかかる吉野川橋を通過する。

_RCK2002

行けども行けども対岸にたどり着かないので、なんちゅう長い橋だと社長に愚痴ると
「確か吉野川は川幅が日本で1番か2番くらいに長いんじゃなかったかなぁ〜」
と言っていた。帰ってから調べてみると、吉野川にかかる最長川幅は荒川の2,537 mに次いで広く、2,380 mでその差は157m。日本で2番目だという。そして平成20年2月までは吉野川が1番だったそうだ。


社長はなんでも知っている。

_RCK2017
兎に角長い。この場所で橋の半分くらいまで来たところ。

ようやく橋を渡りきりAM9:23徳島駅へ到着。電車出発の約30分前に到着できたので

安心して輪行をすることができた。
_RCK2035


_RCK2038
四国はヤシの木がたくさんある。やたら背が高い。

無事自転車を輪行袋に納め、ぼくたちは特急の指定席を購入するべく、みどりの窓口へ向かった。窓口で海部駅行き(途中牟岐で乗換)の特急券、指定席がほしい旨をおねえさんに伝え、出てきたのは自由席であった。おねえさん曰く、始発駅だし空いているから好きな席に座れるわよ。との事だ。礼を言い、ぼくらはAM9:51発のむろと1号に乗り込み、徳島を後にした。

_RCK2061
乗車時間は乗換を含め1時間28分。コーヒーをすすり、景色を眺めながら
のんびり電車でツーリングもまた乙である。

_RCK2084
社長とぼく。傍から見たら完全に親子だ。2018年新作のサイクリストアロハの
サンプルを着て実際に走ってみる。製品作りにはとっても大事なことだ。

この日の最高気温は21℃であった。電車に乗る前に2018年春発売予定のサイクリストアロハのサンプルに着替えた。アロハシャツの機能もさることながら、機能よりも気分が上がった事は間違いない。旅に色がついた感じだ。ぼくたちはこの気持ちを大切にしたい。

AM11:19海部駅へ到着。

降りたところで駅員さんに話しかけられ、ぼくらはこれから室戸に向かうのですという話をきっかけにお遍路さんか?、ちがう、魚を食いに来た、四国の魚は旨いぞ、あそこに行くといいなど、いろいろ教えてくれた。地方で輪行していると、車掌さんや電車に乗っている方々が大変親切にしてくれる。そして話しかけてくれる。そこの駅で降りるなら、自転車はここに置くといいよーと教えてくれた車掌さんもいた。本当にありがたい。
車内では大きい荷物で大変恐縮ではあるが、輪行旅をする以上、地元の方々と仲良くしていきたいと思う。

_RCK2090

そしてぼくたちは海部駅から室戸岬を目指す。出発だーといいながらだらだらしているうちにあっという間に12時になってしまった。

_RCK2106
平日なのでお仕事の電話も容赦なくかかってくる。なかなか前に進まない。

道は海沿いを通る国道55号線をひたすら南下する。それ以外に道がないのである。

また四国の川や海はどこを見ても水が透き通っていて綺麗だった。社長曰く、工場が少ないので綺麗なのだという。あと川が長いとか。

_RCK2114
国道55号。室戸まで50km。

_RCK2119
透明度が余分な在庫を一掃したかのようにクリアランス。

_RCK2140
海に石を投げている社長を度々目撃する。たぶん気分は少年、アロハが良く似合う。

_RCK2173
海の色も景色も五島列島によく似ていると、地元に思いを馳せる社長。

海部駅から約6kmほどの55号線沿いに道の駅宍喰温泉が現れる。
ぼくたちは予めここで昼飯にする事を予定していた。

_RCK2154
道の駅宍喰温泉。ぶっといフェニックスがお出迎え。

というのも、ここらで昼飯を頂いておかないとその先に、どんどん売店がなくなってしまうのだ。何せ初めての土地なのでその先に売店があったとしても、営業しているかもわからないので不安で仕方がない。過去に予定していたごはん屋さんが休業、廃業、ランチ終了など、心より涙を流すシーンがいくつもあったので、なるべくご飯屋さんが密集しているところを選んで旅の計画をたてたい。ハンガーノックは本当に辛いのである。

ここで頂いたのは社長もぼくもメニューを見て即決した「あおり烏賊天丼」。
刺身では食べたが天丼は初めてだ。

_RCK2165

_RCK2162
身の厚いアオリイカ天はフワフワで甘く、野菜もたっぷりだ。

_RCK2164
時間は13時前。腹も減っている。社長も満足の味だ。

_RCK2159
気温20℃、冷たい水がサイコーにうまし。

あおり烏賊天丼を頂き、心も体もお腹も満足したので、ぼくらは日が暮れないうちに
室戸岬を目指し55号を南下し始めた。

そしてお昼も食べた所で、続きは「四国ツーリングDAY②鳴門〜室戸岬編その2」でお伝えしていきたい思う。

昼飯を頂いた後、ぼくらに待ち受けていたものとは・・・!?

text/photo : rocky

2018/01/11

四国ツーリングDAY① 社長と遊んだ記録

2017年11月12(日)〜16日(木)に社長と旅した四国ツーリングの記録をここに少しずつ書いていきたいと思う。

【DAY1】11月12(日)羽田空港→鳴門
【DAY2】11月13(月)鳴門→室戸岬
【DAY3】11月14(火)室戸岬→高知
【DAY4】11月15(水)高知→宇和島
【DAY5】11月16(木)宇和島→松山空港

--------------------------------------------------------

【DAY1】11月12(日)羽田空港→鳴門

出発の2週間前に社長が四国ツーリングに行こうと、突然言い出した。
鳴門の魚介料理屋「魚大将」で食べたシマアジやアオリイカが忘れられないのだと言う。

2012年にリンプロジェクト御一行は新尾道からしまなみ海道を渡り、瀬戸内の旅を終えている。その際に鳴門で入った魚大将の刺身が仰天するほど旨かったのである。

RCK_2369
2012年若かりし頃のリンプロ御一行

また鳴門から四国の太平洋側はまだ走っていないので、その続きをしようというのが今回の計画だ。

急いで旅の計画を立て、ソッコーで宿と飛行機の手配をし、平日の業務は信頼する我らがスタッフに丸投げし、いざ出発だ。

12日(日)12時、社長と羽田空港で合流し昼飯を食らう。日曜日の羽田空港のロビーには日差しが降り注ぎ、国内外問わず様々な人々が行き交い大変にぎやかだ。

ぼくたちは受付で自転車を預け、ANA283便13:25発徳島行きの飛行機に乗り込む。

_RCK1806

毎度感心するのだが、自転車を預ける際ANAのチェックインカウンターの
スタッフは皆、自転車の扱いに対してもとっても丁寧だ。取扱注意や天地無用的なシールを輪行袋にたくさん貼ってくれる。旅する輪行袋に変身し気分も上がる。

_RCK1813

_RCK1828
天気の良い日曜日は飛行機から霊峰富士も拝む事が出来た。

14:45分無事徳島阿波おどり空港へ着陸を果たしたANA283便。
自転車はベルトコンベアーではなく係員が丁寧に担いで持ってきてくる。
礼を言い、自転車と荷物を受け取り長い旅への期待に心を弾ませ、自転車を空港の隅で組み立てた。
まずぼくらが向かう先は、この旅の無事安全を祈願するべく「第一番札所 霊山寺」へとペダルを踏んで行く。

_RCK1844
徳島阿波おどり空港へ到着。さっそく阿波おどりの洗礼を受ける。

空港から霊山寺へは約10km。途中レンコン畑を眺め、フォトジィェニックな橋などで遊びつつ40分程度で霊山寺へ到着した。

_RCK1851
フォトジィェニックな橋で社長に何往復もしていただいた。

まず霊山寺でぼくたちを迎えてくれたのはお遍路さんマネキンだ。透き通るような白い肌に純白な白衣。向かい側のお土産屋さんではお遍路さん基本セットなるものも販売されている。自転車に乗る時、どんな服装をしたらいいか分からないといった悩み同様、お遍路さんではどんな服装をしたらいいか分からなければ、基本セットを購入するといいだろう。きっと旅が快適に、そして楽しくなるはずだ。

_RCK1873

ドシンとした立派な仁王門をくぐり、本堂へ行くと、脇にある売店のお母さんと社長が話始めたのである。自転車で来ただの、すごいねだの、違うだの、これから自転車で行くだの、健康だなんだかんだで話は次第に盛り上がり、なぜだかお母さんがぼくたちを本堂の中へ案内してくれる事になった。

_RCK1890

_RCK1894

本堂天井にはすごいバイブスを感じる龍の天井画を拝む事ができた。龍の天井画は見る角度によって表情が変わるという一説も。

_RCK1899

_RCK1906
旅の安全を祈願し、霊山寺を後にする。

そして今夜はぼくらのビックメインイベント「魚大将で刺身を食う」を決行するため鳴門へ向かった。鳴門へも10kmちょいちょい?だったはずだ。
綺麗な夕日に背を向け、ひたすらに鳴門を目指した。

_RCK1914

_RCK1926
ご当地マンホールは、その土地の名産を簡潔に記している。

ぼくたちは一旦、飯の前に鳴門に予約したホテル「 FIRST SEASON」へチェックインを済ませに向かった。こちらの宿はホームページに女性中心に運営されていると書かれていた。
受付のおねえさんもカワイイし親切丁寧、朝ごはんもおいしい。なにより自転車も秘密の場所に駐輪させていただけるのでとっても安心だ。ツーリングで鳴門の宿に迷ったら是非、利用していただきたいと思う。

こちらの宿から約3km程度のところに魚大将がある。
_RCK1945

_RCK1931

瀬戸内の潮の流れは目で見て分かるほど、まるで川のように流れていた。その中で生息しているお魚さんたちの身がムキっと引き締まり、刺身なのに抜群の歯ごたえである。
そしてトロケル。シマアジは本当に旨い。

_RCK1941
アオリイカの身が厚く、噛めば噛むほどあまあまだ。かみそうになる。

_RCK1944
四国のお刺身にはスダチがついてくる。甘みが増すほか、さわやかな香りが鼻を抜ける。

こうして、魚大将に刺身を食う為だけに日曜日に出発した初日が終わった。
すでに満足である。

次回【DAY2】11月13(月)鳴門→室戸岬 編
また時間のある時に書きたいと思う。

photo/text rocky