2019/09/18

10/19-20 ふたば”鮭まつり”ツーリングのお誘い

リンプロジェクトのツーリング用ブログを更新しました!



↓↓↓ こちらのリンクからご覧ください!!
10/19-20 ふたば"鮭まつり"ツーリングのお誘い
---------------------------------------------------------------------------
Visit this link to stop these emails: https://zapier.com/manage/zaps/36278769/stop/?check=22661deacdc905e7a4ef90a978ddff4d

2019/09/17

メッセンジャーのこだわりJKT

いまだ残暑が厳しいタイミングでご紹介するのも気が早いのですが、元メッセンジャーのこだわりが詰まったアウターシェル「バイクマンパーカー」の2019年版が入荷しました。

2156_012

ポイントは裏地。薄いポリエステル生地の裏地が一枚あるだけで、真冬で感じる温かさが段違いです。

また、前傾姿勢を取ろうとしたときに腕が楽に動かせるため、肩が窮屈に感じるなんてことはありません。
2156_025
【肩を動かしやすいアクションプリーツ仕様】

背中にも、胸にも、お腹にもファスナー付きのポケットがついており、自転車で走っているときに大切なスマートフォンや財布を落下させません。
2156_023
【着信に気付きやすい胸ポケット】

2156_021
※背中に入れたのは、出張中に新東名高速で見つけた眠気覚ましシート。強烈です

レインジャケットとして作ったわけではありませんが、透湿防水2.5レイヤー素材ZAMZA®(耐水圧8000mm、透湿性8000g/m²・24hr)を使用しています。
2156_028
土砂降りの大雨では心もとないですが、小雨程度でしたらしのぐことができます。

今年のカラーはスポーティーでアクティブなブラックxグリーン。
↓↓↓画像をクリックしてご覧ください。
2156_0012156_002
【2156 バイクマンパーカー】

2019/09/05

俺たちの為のネルシャツ

少しずつ秋の気配を感じるようになってきましたね。
リンプロジェクトの新作も、秋を先取りして入荷し始めました。

2153_011

空気が乾燥し、涼しくなってくると、つい着たくなるのがネルシャツです。
そこに背中ポケットを付けたものが、この【サイクリストネル】です。

2019/09/02

かわうその自転車やさん7巻の登場猫物。

かわうその自転車屋さん(著者:こやまけいこさん)の最新刊が発売となり、今回も漫画の世界観同様じっくりゆっくり、そしてのんびりと、自転車のゆるい速度で拝読いたしました。

_RC40277

この物語の初期の頃から登場しているメッセンジャー、ネコノテ便の対馬くん。

ついに、

サイクルアパレル会社のニャンプロに転職したではありませんか!

_RC40282

まるで、誰かの生き様を見ているようです(笑)

今回もゆるふわな登場動物による、愉快なサイクルライフが見事に描かれています。
かわうそ店長の今後も楽しみですね。

自転車の初心者から上級者、ジャンル問わず楽しめる「かわうその自転車屋さん」
皆様も是非!

_RC40279

芳文社コミックス
「かわうその自転車屋さん」
著者:こやまけいこ


2019/08/30

最終回【東北三陸ジジイツーリング】DAY4 女川〜仙台編

2018年10月10日(水)〜13日(土)にジジイと一緒に旅した東北三陸ツーリングの記録をここに少しずつ書いていきたいと思う。

【DAY1】10月10日(水)宮古→釜石
【DAY2】10月11日(木)釜石→気仙沼
【DAY3】10月12日(金)気仙沼→女川
【DAY4】10月13日(土)女川→仙台

--------------------------------------------------------
【DAY4】 2018年10月13日(土)女川→仙台

目を覚ますと万石浦に反射する朝日が差し込み、秋晴れを喜ぶジジイの笑顔が部屋中に満ち溢れていた。本日は仙台駅までのラストランである。めんたいこ食べ放題の朝食を済ませ、最終日の切なさを胸に抱きつつ出発する。

_RCK4620
秋晴れスマイル。

_RCK4625

_RCK4640
演歌のCDジャケットみたいになったが、AM8:00出発。

社長が「万石浦と太平洋を結ぶ極端に細い水路を見たい」と言うので398号から2号に左折すると早速釣り人がイシガレイを釣り上げているところだった。

大きなイシガレイに社長も村田さんもしばし感心していた。ぼくは心の中で"マジ食いてぇ"と思ったが、幸いなことに昼飯で食べる事になる。

_RCK4651
"マジ食いてぇ" さすがに声に出しては言えなかった。

ジジイ一行は来た道を戻り240号から石巻魚市場へと向かった。津波で全壊した魚市場は2015年9月に新たな施設として運用開始となり、その建物の長さは約880mで世界最大級という。漁船も多く停泊し、この時に感じた魚市場がやたら長いという印象はその為だった。

さらに石巻は世界三大漁場の1つである三陸・金華山沖を漁場に持ちリアス式海岸である事と、暖流と寒流が交差する地点でもある事からさまざまな魚が豊富に獲れるそうだ。再開までの苦労は計り知れないが石巻は世界に誇れる海と一緒に復興を目指していた。

_RCK4655
世界最大級の石巻魚市場。写真じゃわかりにくいがとにかく長い。

このまま240号をまっすぐ進み航空自衛隊松島基地に向かおうとするが、バイパスのような道になってしまったので慌てて柵を乗り越え側道に避難した。復旧作業が続く東北地方は道路地図が追いついていない場所が多く存在するので注意したい。

仕方なく舗装前のグラベルロードを走り、398号に戻り『石ノ森萬画館』へ立ち寄った。遠くから見ると川の真ん中に宇宙船がでーんと鎮座しているようだった。

萬画館は特に女性を中心とするファンが多くジジイ二人は妙に異彩を放っていた。また石巻市街は石ノ森先生のアニメキャラクターがあっちにもこっちにも設置されている。マンホールにもだ。ファンにはたまらないだろう。もちろんぼくもであるが。

_RCK4667
復旧作業が続く道がまだまだ多い。腰に伝わるバイブスが非常に辛い場面も。

_RCK4676
旧北上川の中州に停泊している宇宙船。今にも飛んでいきそうな迫力だ。

_RCK4680
ロボコンとシャチョコン。なんだかいい感じだ。

市街地を抜け、247号北上運河沿いに入ると久しぶりにザ・ツーリング的な気持ちのいい道を走る事ができた。いまでも復旧作業が続く東北地方は○○工事と掲げたトラックが頻繁に走っている。車もトラックも少ない道は4日目にして初めてであった。

ここで社長スピーカーのスイッチが入る。ポチッとな!!

「キタァノォ〜♪」

アッパー系演歌で村田さんも体を揺らしガン盛り上がりだ。
運河を進むカヌーを横目にマシンを漕ぐ。

_RCK4695

航空自衛隊松島基地が見えてきたがブルーインパルスの姿が見えない。そもそも遠くて何も見えない。予想はしていたが少々残念であった。

しかしグーグルマップによるとこの先の鹿妻駅前にブルーインパルスが展示されているではありませんか!ぼくもガン盛り上がりでマシンを漕ぐ。

_RCK4763

_RCK4762
95年まで実際に飛んでいたブルーインパルス。本日は宇宙船も飛行機も見れてロッキー感激。

45号の1本海側の道は枝豆畑が広がり気持ちよく走っていると一つの記念碑が立っていた。そこには「ここにも津波は来る。まずは高台へ・・・。」と記されていた。

松島基地も28機の航空機が流されてしまったが基地司令で早々に屋上に避難し全隊員が助かったという。松島基地を題材にした小説でも読んだが、もはや機体よりも隊員の命を優先した指令をぼくはただただ嬉しく思う。

_RCK4795

_RCK4747
辺り一帯が枝豆畑の広々とした開放感いっぱいの空間。枝豆"マジ食いてぇ"

社長とぼくは2度目の奥松島である。6年前は海にトラックやショベルカー、建物が海に沈んでいたが今では撤去され道も綺麗になっていた。奥松島パークライン沿いに永遠とも思える瓦礫の山も無くなっていた。釣り人や海外からの観光客も多く、賑わいを取り戻していた。そして釣り人はイシガレイを釣っていたのである。

RCK_7220
【6年前の奥松島パークラインの写真】
今ではこの場所も釣り人で賑わっていた。

RCK_7183
【6年前の奥松島パークラインの写真】
終の見えない瓦礫の山が悲惨な光景だった。

_RCK4830
奥松島パークラインで見かけたグッドネイチャー。

_RCK4842
大きなカレイを釣り上げニンマリ。"マジ食いてぇ"

今回も大高森に登る。標高106mの大した高さではないが自転車で走ってきたジジイにはきついだろう。社長は足腰が強いのか誰よりも早くシャキシャキと登る。

_RCK4868

社長は登山家のご夫婦に「お若いですねぇ」と褒められていた。約15分で頂上に到着し、第一声は、やはり「ああ松島や」である。絶景なのだ。

6年前と変わった景色は瓦礫が無くなり防潮堤の整備が進んでいた事である。率直な感想は、復興には大変な時間がかかるという事だ。

_RCK4900
膝にくる下山が最も大変だったことは言うまでもない。

_RCK6059
震災から8年経った今も復旧作業が続く奥松島パークライン。

ジジイ一行は登山でハンガーノック状態の為、6年前のツーリングでもお食事をした福浦島入口付近にある「活魚の宿こちら丸特漁業部」さんへ向かった。
ここで頂いた刺身が旨かったのでまたいつか来たいね、と言っていた海鮮居酒屋である。

_RCK4985
青いラインが津波で浸水した高さだそうだ。

メニューを開くなり「親方おすすめランチ特大カレイの唐揚げと海鮮丼」が目に飛び込んできた。散々旨そうなカレイを見てきたら、これにするしかないではないか。全会一致である。

出てきたカレイは30cmほどあり骨までバリバリいただける。身も厚くバリフワという表現が正しいだろうか。バブル世代のジジイがかぶりつく様は体力の衰えを全く感じさず現役バリバリの肉食系男子を彷彿させた。そして海鮮丼もぺろりと食らう。

デザートにアイスをほおばる村田さんはやはりバブルを生きた漢である。

_RCK4964
特大カレイの唐揚げとミニではない海鮮丼。すごいボリュームだ。"マジで早く食いてぇ"

_RCK4969
バリバリの現役社長は骨までバリバリと喰らう。

_RCK4965
華麗にカレイにかぶりつく村田さん。

_RCK4989
福浦島をバックに食後のアイスを頬張る村田さん。この時ばかりはゆるふわである。

お腹も満たされ45号を南下し塩釜魚市場を経由しマリンゲート塩釜へと向かった。多くの遊覧船がプカプカと浮いているのどかな風景を2階の喫茶店でコーヒーを飲みながら眺めていた。そしてこの2階付近まで津波が押し寄せたとは信じられないが事実である。

マリンゲート塩釜の真横に遊覧船が停泊しているが、この遊覧船は津波襲来時に桟橋に係留していたにも関わらず漂流を免れている。

その答えは浮桟橋だったからだそうだ。マリンゲートの2階から撮影された動画では津波襲来時1階付近に見えていた遊覧船は津波が高くなるにつれ桟橋とともに浮上しているのが良く分かる。

かわいい鳳凰や龍、お洒落なガラス張りの遊覧船。これからもたくさんの観光客を楽しませてほしいと願い仙台駅へと向かう。

_RCK5033
この桟橋が津波襲来と同時に船と一緒に浮き上がってきた動画が印象的だった。

_RCK6092
個人的に乗ってみたい鳳凰丸。なんてオシャレなんでしょう。

_RCK5051

_RCK5062
旅の最後に多くの会話は必要ない。それぞれが今回の旅で感じた思いを胸に抱き
静かなコーヒータイムが過ぎていった。





新幹線の時刻には余裕を持って仙台駅に到着する事ができた。

駅前のトヨタレンタリースでハイエースを返却し、ぼくたちは自転車とツーリングの終わりを告げる切ない気持ちを輪行袋に詰め込む。

_RCK5085
楽しくも切ない旅が終わり輪行作業をする社長。

_RCK5134
19:30発のはやぶさに乗り東京へ。

思えば2011年の東日本大震災以降、ぼくたちリンプロジェクトは日本橋〜日光東照宮、宇都宮〜仙台、福島〜茨城、青森〜仙台を4回に分けツーリングを実施している。ぼくたちが自転車でできる復興のお手伝いはツーリングを通して、地の物を食べる事。そして実際に見て感じ、伝える事。皆さんの心からこの大きな災害が風化してしまわぬように。

そして新幹線に乗り込むなりクタクタになったジジイは早々に居眠りに入る。ぼくは道中お世話になったジジイとの思い出を振り返り、早く大切な人の元へ帰りたいと強く思うのであった。

またいつか、必ず、いくぜ東北。



_RCK3462
text/photo rocky

【東北三陸ジジイツーリング】動画も是非ご覧ください。

2019/08/29

9月臨時休業のご案内

20180628_044500985_iOS

平素よりリンプロジェクトカスタマーショップをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

大変勝手ではございますが、下記の通り営業時間の変更、臨時休業とさせていただきます。

9月6日 営業時間 11時~16時
9月7日 臨時休業
9月8日 臨時休業

理由:パンフレット撮影のため

お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

サイクルキャップ夏の終わりの新柄入荷

秋めいてきたり、夏にもどりそうになっている8月末。

リンプロジェクトの秋アイテムがだんだんと入荷してきました。

最初にご案内するのは、サイクルキャップの新柄です。

前回はアメリカンなポップカルチャーっぽい、キャンプ(フェス?)やレコード(やっぱりフェス?)、そして、ポテトチップス(これもフェスでビールといっしょに?)と、すべて強引にフェスに結び付けられそうな柄ばかりでした。

この度の入荷では、一転して日本風。レッドチリ、紗綾型(さやがた)、唐草がラインナップに追加!



汗を吸ったり、頸の後ろの日焼けを防いだり、雨や日差しから目を守るサイクルキャップは、自転車乗りの必需品。カスクやヘルメットと組合わせてご利用ください!

4520_2019_0144520_2019_0154520_2019_016
4520_2019_0114520_2019_0134520_2019_012
【No.4520プリントサイクルキャップ】