2019/11/10

冬の足にうれしい、和紙xウールのまさかの組み合わせ!

8033_ex01

和紙繊維の機能に注目してきたリンプロジェクト。

繊維の中に空間があり、その中に水分を蓄えることができる【和紙】。
障子で仕切られた和室は湿度が一定に保たれ、和紙の隙間を通過する際にチリ、ホコリをろ過するため空気も浄化されるそうです。

さて、冬の靴は防風性、防寒性を高めるために通気性が犠牲になりがち。

8033_019
ウェザーニュースの記事を読んでいたら、その靴の中は真夏並み。
冬に1時間ブーツを履くと湿度85%、温度も32℃以上になるそうな。
(出典:ウェザーニュース https://weathernews.jp/s/topics/201910/280095/

真夏と同じ環境なので汗もかきますし、皮膚上の細菌がその汗を分解して嫌な臭いのもとにもなります。

温度はどうしようもありませんが、湿度・汗の水分をどうにかするだけでも細菌の繁殖を抑えることで臭い対策ができるわけです。

そこで効果的なのが【和紙】。
繊維の中に水分を蓄え、足の表面をドライな状態に保ちます。

しかし、それだけだと寒いので、【ウール】も加えて靴下を作りました。
8033_013
ウールもその繊維内に水分を蓄えるため湿度のコントロールに優れ、さらに保温性もある、伝統素材です。
8033_006
これにより、夏用の和紙ソックスよりも温かく、さらっとした感覚の冬用靴下が完成!

8033_015
ミディアムカットのスニーカーでも十分対応できる丈です。

詳しくは↓↓↓からご覧ください。

8033_012
【No.8033 和紙ウールソックス】

【12/20-22】伊豆大島忘年会ツアー参加者募集のお知らせ

諸事情で告知が遅くなってしまいましたが、2019年も伊豆大島 忘年会ツアーを開催いたします。

2014年から毎年実施しており、今回で6回目。
ご参加下さる皆様のおかげで成り立っております。

今年は諸事情で開催日程が後ろ倒しになってしまい、大変恐縮ではありますが、都合の良い方はぜひご参加ください。

Ohshima201712_159

船旅を楽しんで、伊豆大島を早朝から堪能し、夜は宴会で盛り上がりましょう。
島では基本的に自由行動となりますので、一周のタイムアタックをするもよし、釣りやゴルフを楽しむのもよし。自転車ではなくトレッキングを楽しむだってOK!
伊豆大島を堪能してください。

------------------------------------------------------------------
【企画名】 2019伊豆大島忘年会ツアー

【担当】 山岸

【開催日】
2018年12月20日(金) 20:30 ~ 12月22日(日) 20:00
(雨天決行)
※現地集合の場合は、12月21日 17:00~ ホテル赤門までおいでください。

【募集締切】12月5日 23:59

2019/11/06

寒いとツラい、首・鼻・耳・足

順調に気温が下がり、秋が深まっている日本列島。
北海道はいよいよ積雪に注意という時期なのでしょうか。

最低気温が10℃を下回ると、寒さが地味に堪えます。
地味ですが、けっこうツラい。

そこで、地味に役立つアイテムをご案内します!

1)冷え性の方も、暑がりの方もどちらもうれしいネックウォーマー

体の部分で「首」という名前が付くところを温めると、冷えに効くと聞いたことはありませんか?

8034_014

「手首」・「足首」など体の末端部分は言うまでもなく、人間の体重の10%ほどの重さがあるという頭を支えている、「首」そのものも重要なポイントです。

大きな動脈が通っていることもあり、首を冷やすと全身に巡る血液も冷えてしまいますし、血行が悪くなると肩こり、首のこりにつながってしまいます。
オフィスワークでパソコン作業の多い方、肩こりは大丈夫ですか?

反対に考えると、首を温めると全身に温かい血が巡る上で、肩こり、首こりにも効果があるわけです。

8034_008

そこで、防風性+3.5mmもの毛足を誇る「鬼起毛」素材を使ったネックウォーマーはいかがでしょう。
首だけでなく、冷たくて辛くなりがちな、口元、鼻まで覆うことが可能です。

8034_018

しかも、ベルクロ式で着脱可能なので、ヘルメットやカスクを被ったままでも簡単着脱可能です。走り始めて暑くなっても、すぐ外せるのです。

8034_001
【No.8034 鬼起毛ネックウォーマー】

2)ちぎれそうな耳たぶは辛くて嫌だ!ヘルメットでも快適耳当てキャップ

「首」以外にも凍えてちぎれそうになって辛い場所はまだまだあります。
それは、耳たぶ。

たとえニット帽をかぶったとしても、耳たぶだけは帽子の外に出ていたりして、イヤーマフなどで意識的に守らないと、冬の冷気の餌食となり、千切れてしまうんじゃないかと思うくらい冷たくなります。

しかし、ヘルメットとイヤーマフって相性があるので使えたり使えなかったり。
ヘッドバンドもヘルメットを被った瞬間に下にズレたり、後頭部のアジャスターとヘッドバンドの段差が重なって変な感じになったり、そんな経験ないでしょうか。

4536_015

そこで、この【ビーグルキャップ】。薄手ながら2層構造になっている耳当て付きの帽子です。
帽子なので、ヘルメットを被っても位置がズレたりしませんし、頭全体を守るので、スキンヘッドの方も寒くない!

立体に編み立てているため、縫い目がありません。そのため、段差部分が圧迫される心配御無用です。

4536_021

2層構造ですが、耳あての部分もすべてつながっています。

4536_008

後頭部まで覆うことができます。

4536_020
【No.4536 ビーグルキャップ】

3)実は市場に少ないニッカホース。シンプルデザイン+遠赤外線繊維です

膝上まである長い靴下。
ニッカボッカーズと組み合わせて使ったり、5分丈のパンツと組み合わせてスポーツスタイルで使ったりしますが、探すと意外とありません。

8021_014

このニッカホースでは繊維内にセラミック粒子を封じ込め、遠赤外線の輻射熱により保温効果を高めました。

8011_008

ニッカボッカーズを取り入れたクラシックスタイルの必需品ですよ!

8021_001
【No.8035 ニッカホース】

2019/11/05

令和元年の伊豆大島忘年会ツアー予告

お問い合わせが多くなってきたので、まずは予告をさせていただきます。
_RCK5836
【2019年開催 伊豆大島元町港にて】

今年も伊豆大島忘年会ツアー開催いたします!

日程は2019年12月20日(金・夜)~12月22日(日)

今年はリンプロのイベント出展・伊豆大島マラソン・伊豆諸島ウォーキング等のイベントが続いてしまい、12月の後半とさせていただきます。

毎年恒例のイベントで内容がマンネリ化しつつあるため新しい企画を考えておりますが、担当の仕事が遅く(本当にすみません)、確認が取れていないためまだ募集ページを作れていません……。

もうしばらくお待ちください。

2019/11/03

久しぶりに復活!使い勝手が向上を果たした冬手袋

朝晩が冷え込むようになってきました。

8030_039

11月2日に北海道でも初雪を観測したようで、同じタイミングで久しぶりにリンプロジェクトのウィンターグローブが復活を果たしました。

8030_029

8030_014

防風のアウターシェル+裏地のフリースで手袋の外側の冷気をシャットアウト!

手のひら側の合成皮革はすべて導電素材にアップデート。

8030_015

指先だけ導電素材を組み合わせているわけではないため、どの指でもタッチパネル操作が可能となりました。

8030_020

手の甲に小松精練(株)製、透湿防水素材SAITOS(R)を使用した通常バージョンの【グレー】と【ブラック】の2色に加えて、リンプロジェクト直営限定カラーの【杢グレー】をラインナップ。

8030_018
【グレー】

8030_019
【ブラック】

8032_011
【杢グレー リンプロジェクト直営店限定カラー】

詳しくは↓↓↓をクリックしてご覧ください。

8030_0048030_008
【No.8030 ウィンドシェルターグローブ】


8032_004
【No.8032 ウィンドシェルターグローブ 杢 少数入荷】

2019/11/01

北関東で初のリンプロジェクトPOP UPショップ開催!! in ル・サイク土浦店

土浦と言えば、霞ヶ浦。

霞ヶ浦と言えば、サイクリング。

サイクリングと言えば、ル・サイク土浦店。

ル・サイク土浦店と言えば、JR土浦駅直結のオシャレなサイクルショップです。

そんなオシャレなル・サイク土浦店にて本日より1ヶ月間、リンプロジェクトのポップアップショップを開催いたします!

DSCN5349
店内入ってすぐの特設コーナー!

その名も

『リンプロジェクト サイクルツーリズムスタイル 〜茨城のおいしいところ巡りはこれを着る!〜』

ブログタイトルの通り、北関東では初となるポップアップショップ。
定番ウエアから、カスク、ブロンプトングッズなどをご用意しております。

DSCN5345
定番のサイクルロングパンツやサイクルショートパンツもあり、試着も可能です。

DSCN5348
もちろんトップスや冬用グローブもあります。

DSCN5344
カスクも手に取り、お試しください。

DSCN5346
ブロンプトンの輪行バックやキャリーハンドルもございます。

期間中はリンプロジェクト製品を10000円以上お買い上げで三角反射板をプレゼント!
※プレゼントは無くなり次第終了とさせていただきます。
5089_006
サイズで悩まれていた方や、ご興味がある皆さま、この機会に是非遊びに来てください◎

ル・サイク土浦店にはブロンプトンや、E-BIKEのレンタサイクルも充実しています。霞ヶ浦やリンリンロードを走るには最適ですね。店内には充電できるカウンターも。

DSCN5354

DSCN5355

DSCN5359

向かいには自転車で乗り入れられるカフェも。ステキです。
DSCN5351

ル・サイク土浦店
住所 〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30PLAYatre1階
営業時間 10:00~20:00
定休日 無休(館に準ずる)
電話番号 029-846-3192
https://lecyc.jp/

実は裏テーマで、11月23日(土)〜24日(日)に開催される『BIKE&CAMP KANTO in 歩崎公園】 に合わせて、ポップアップショップの特設ステージはBIKE&CAMPのイメージで作りました!

DSCN5356

DSCN5343

_RC40422

リンプロジェクトでは、JR土浦駅に集合してBIKE&CAMPの会場である霞ヶ浦の歩崎公園まで自走して行き、日中はイベントや付近のサイクリング、夜はキャンプで楽しむ仲間を募集中です。日帰りも可能なので、一緒に遊びに行きましょう。
↓↓↓
【11/23-24 BIKE & CAMP KANTOUのお誘い】
http://rinprotouring.blogspot.com/2019/10/1123-24-bike-and-camp-kantou.html


2019/10/31

実は8年越し。とうとうパーカーを商品化

かつては服装も年代別で画一的だったわけですが、平成、そして令和の今たるや、見事に多様性を持ち、年齢が違えども同じブランドの同じ服を着ている、なんてことも当たり前になってきたわけです。

2161_013

スウェットのパーカーはアメカジの定番だったり、ストリートファッションに取り込まれたり、時代を超えて愛されてきました。

以前は若者が着るものというイメージなのか、ある一定の年齢を過ぎると敬遠されていたようですが、この令和の時代。
もはや、自分の好みであれば老若男女を問わず愛されておりますよね。

2161_011

急に朝晩が冷え込んでくる10月、もう一枚羽織りたいけど、コートまではいらない。
そう、パーカーの出番です。

ところで、日本ではパーカーという名前で定着していますが、英語圏では「フード付きスウェットシャツ」=フーディーと呼ばれています。
ファッション関係のメディアでフーディーと呼ばれる機会も増えてきました。

というわけで、パーカー改め、【サイクリストフーディー】が登場です。

背中にはジャージと同様の三分割のポケット付き。

2161_015

素材はハリとコシに優れた二重織素材を起毛仕立てにしたもの。

2161_016

起毛仕立てにすることで、肌触りの柔らかさ、そして保温性に優れた生地ができます。

2161_009

もっと寒くなってきたら、この上にコートやウィンドブレーカーを重ねられるようにスリムフィット仕上げ。

実は、2011年頃から、何度もスウェット系のパーカーを作ろうとしていましたが、展示会の反応を見てお蔵入りにしていました。

↓↓↓満を持して8年越しに製品化したフーディー、押さえておくなら今です。

2161_001
【2161 サイクリストフーディー】

ストリートファッションから定番へ。もはや毛布ではなくこたつ。

「ジョガーパンツ」
5年ほど前は最新のストリートファッションに敏感な方々しか履いていない印象がありましたが、最近は街中でも多く見かけるようになりました。

3162_015

部屋着やトレーニングウェアの延長線上のスウェットパンツと同一視されがちな感じも見受けられましたが、ジョガーパンツの持つシルエットの美しさから、ひとつのジャンルとして地位を確立した感じがあります。


3162_0013162_002

腰やモモ周りはゆったり目、裾に向かうにつれ細くなるシルエットは動きやすく、裾が細くなっているので、スポーツ自転車のチェーンに巻き込まれることもなく、実は自転車と相性が良いのです。

そのジョガーパンツを「鬼起毛」2wayストレッチ素材で仕立てたのが、リンプロジェクトの【鬼起毛ジョガーパンツ】。

生地の表側は防風+はっ水素材。
小雨程度ならしのげる実力があります。

3162_014

裏側は3.5mmもある長い毛足で保温力抜群。

3162_009

防風性が高いため、冷気の侵入を防ぎ、熱を逃がさず、足を入れた瞬間の温かさは毛布というよりも、もはや「こたつ」。
リンプロジェクト・温かい・オブ・ザ・イヤーの金賞を狙えるレベルです。

その割に400gの重量と、リンプロ定番の3075サイクルデニム(600g)よりも200gも軽量なところも驚くべきポイント。

3162_018

右モモにはスマートフォン用ポケットもついてます。

動きやすく、軽く、温かい【鬼起毛ジョガーパンツ】はこちらからご覧ください。
↓↓↓
3162_0013162_002
【No.3162鬼起毛ジョガーパンツ】